年齢別の白髪染め 白髪対策、白髪予防

10代・20代からの白髪染め?若い人の白髪対策方法

投稿日:

白髪というと40代・50代以上の人たちがなるもの。という認識が一般的ですが近年では若年性の白髪に悩む方も多く見られます。20代、早い方だと10代から白髪に悩んでいるという人も。そもそも若い人の白髪はなぜ生えてくるのでしょうか?対処なども含めてご紹介していきます。

 

なぜ白髪になる?

若年性の白髪。通称若白髪はどのようにして生えてしまうのか。そのメカニズムを知る前に、黒髪が生えるまでのステップを知る必要があります。

髪の毛が黒くなる理由

まず、髪が生えるには毛母細胞で毛髪が作られます。毛母細胞で細胞分裂がおこり、その過程でメラノサイトという色素形成細胞が働きます。メラノサイトで作られたメラニン色素が髪を着色することで髪が黒くなります。

髪を黒くするための色素を形成するメラノサイト。このメラノサイトが働くためにはチロチシナーゼという酵素が必要です。このチロチシナーゼが減ってしまうと白髪が生えてくる原因になると言われています。

若白髪の原因

遺伝

遺伝により生まれつきメラノサイトが少ない場合があります。メラノサイトが少ないと髪を黒くする色素を作る力が弱くなりやすく、白髪が生えてくる年齢も早くなりがちです。遺伝による白髪は医学的に照明されているわけではありませんが、統計を見ると否定も出来ないようです。両親のうちどちらかが若白髪に悩んでいたという人は注意しましょう。

過剰なダイエットなどによる栄養不足

爪や頭皮、髪の毛は生きる上で必要不可欠なパーツではありません。なので、栄養が足りなくなった時には真っ先に栄養の供給をストップしようと体が判断する部分でもあります。頭皮に送られる栄養が少なくなるとメラノサイトからメラニンが分泌されなくなります。その結果、若くても白髪が生えてしまいます。
食事を抑えるだけの栄養バランスを無視したダイエットは、痩せる前に髪がボロボロになったり白髪が生えてきたりと様々な副作用を引き起こす可能性があるので止めましょう。

ストレス

ストレスの多い人は白髪が生えやすい。というのはどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?これは迷信などではなく本当の話なんです。過度なストレスを感じると自律神経の1つである交感神経が活発になり、脳や筋肉に多くの血液を送ろうとします。
その結果、脳や筋肉に血液が集中してしまい頭皮は血行不良の状態に。頭皮が血行不良になるとメラノサイトの機能が低下して白髪が生えてきます。

 

若白髪は生活を見直すことで予防することが出来ます。食生活の見直し睡眠をしっかり取るストレスを溜めない運動をするといったちょっとしたことでも効果はあると思います。
遺伝による若白髪は対策をすることが難しいですが、頭皮の血行不良などは自分でも改善することが出来ます。落ち込む前に出来ることから始めてみましょう。

 

若い人にも使いやすい白髪染めトリートメント

若いのに白髪が・・という方はコンプレックスに感じている人も多いです。しかし、美容院でお願いする勇気が無くて一層ストレスを感じてしまうことも。
そんな時はぜひ白髪染めトリートメントを試してみてください。毎日のシャンプーで簡単にケアが出来る上に頭皮へのダメージも少ないです。
若いうちから髪へダメージを与えすぎてしまうことは避けましょうね。

-年齢別の白髪染め, 白髪対策、白髪予防

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.