白髪染めのノウハウ

髪質タイプ別 白髪染めトリートメントランキング

更新日:

トリートメントに限らず、どんな白髪染め製品にも言えることですが染まりやすい髪質・染まりにくい髪質があります。
それなのに白髪染めは同じものを使うというのもおかしな話ではないでしょうか?それでは仕上りが人によって異なるのは当然のこと。
それぞれが自分の髪質に合った白髪染めトリートメントを見つけることが、仕上がりの完成度を分ける重要なポイントになってきます。このページでは髪質タイプ別のトリートメントをご紹介します。

 

まずは自分の髪質について知る

トリートメントを選ぶ前に、自分の髪実は硬いのか・柔らかいのか。そして直毛なのかくせ毛なのかを知る必要があります。ここでは自分でも簡単に確認できる方法を教えします。

剛毛と軟毛の確認

髪はその硬さによって剛毛軟毛に分けることができます。その見分け方は髪の毛を1本抜いて端を持ちます。もし髪の毛がそのまま水平を保っているなら剛毛、下に下がるなら軟毛といえるでしょう。また、髪の両端を引っ張った時にプツっと切れるのであれば剛毛、髪の毛が伸びるようなら軟毛という見分け方もあります。美容室などに行った際に美容師さんに聞いてみるのも確実で良いですね。

それぞれの髪質の特徴について、詳しく知りたい方はこちらのページも読んでみてください!

まずは自分の髪質を確認!

 

染まりやすい髪・染まりにくい髪

染まりにくい髪

上記の髪質の中でも染まりにくいとされているのは剛毛で太く、痛みの少ない健康的な髪と言われています。硬くて太い髪はキューティクルと呼ばれる髪の表面を覆っている層が分厚いです。そのため染料が髪の内部まで届きにくく、じっくり待たないと洗髪をした際に流れ落ちてしまいます。
キューティクルが厚いのは良いことですが外部からのダメージに強い分、髪を染めた効果も出にくいということですね。

また、痛みの少ない髪は弱酸性の状態にあります。白髪染めトリートメントの多くは弱酸性~中性で作られているので、髪表面への吸着が弱くなってしまい剥がれやすくなります。その結果、染まりにくいと感じてしまいます。

染まりやすい髪

逆に染まりやすい髪は細くて柔らかい軟毛の髪、パーマやお洒落染めの利用で既に傷んでいる髪です。柔らかく細い髪はキューティクルの層が薄く髪の内部に染料が浸透しやすいため。白髪も染まりやすくなります。

傷んだ髪はマイナス電荷にはたらく傾向があります。上述の通り白髪染めトリートメントは弱酸性~中性。なので髪表面への吸着がされやすくなります。

 

健康的で染まりにくい髪でも大丈夫なトリートメント

LPLP(ルプルプ)

健康的な髪には白髪染めトリートメントは染まりにくいと言いましたが、弱アルカリ性の性質があるルプルプであれば染まりやすいと言えます。
健康的な髪を保護しているキューティクルはアルカリ性になると開く傾向があります。その結果、キューティクルの厚い髪でも染料が内部に浸透しやすくなるということですね。また、弱酸性状態にある髪の表面への吸着も良くなるため、染まりやすいと感じることが出来ます。

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
ルプルプのスタッフは全員が「毛髪診断士」というプロ集団

ルプルプヘアカラートリートメントは、無添加でアレルギーなどのパッチテスト済みのダメージがほとんどない白髪染めです。

抗菌作用や制癌作用など医学的効果の他、保湿作用など美容効果も期待されており、毛穴の奥に浸透して毛根にまで栄養を与える低分子フコイダンのW効果で、しっとり健康な髪に導きます。 使用された方の満足度も高くツンとした匂いがなく、使いやすいという声が多いですね。そしてルプルプは、人気の高い白髪染めトリートメントの中で一番コストパフォーマンスに優れています

まず素手で使えるという白髪染めにビックリしました。ただ石鹸で洗っても爪の内側にやはり残ってしまうので、手袋かコームを使用した方がいいです。ほかの白髪染めと比べるとクリームは少し固めですね。よく伸びるので気にするまでではないですし、逆に垂れてくる心配はまったくありません。
染まり具合はそこまで早くはないので30分ぐらいは放置したほうがよさそうです。染めた後の指どおりや髪のコシなどは満点に近いです。

ルプルプの特徴といえば「ガゴメ昆布」にしか含まれていない特殊なフコイダンです。
フコイダンは髪と地肌のことについていえば、修復力が高いという点が一番です。トリートメントとして髪の手触りを良くしてくれるだけでなく、紫外線や刺激の強いカラーリング、パーマなどでダメージを受けた地肌も修復してくれますので、髪のダメージが気になる方におすすめです。

 

クロエベール

クロエベールはヘアキューブと呼ばれる特殊な方法で色を浸透させます。
これはキューティクルの隙間から特殊な方法で浸透し、髪に負担をかけることなく成分が入る手助けをしてくれるもの。キューティクルの厚い人にも有効な方法と言えるでしょう。

泡タイプのヘアカラートリートメント【クロエベール】

うるおいツヤにこだわりたい方へ

 クロエベールは、美しい髪のための薬用育毛剤『花蘭咲(カランサ)』開発メンバー提供による白髪染めです。
泡タイプなので使いやすくしっかり染めたい、徐々に染めたい、部分的に染めたいなど自分の好みに合わせて白髪染めできるのが嬉しいクロエベールです。
 
乾いた髪にも使えるのが便利ですね。髪のうるおいはピカイチ。最新技術と天然成分で髪や頭皮へのダメージを抑え、やさしくキレイに濃色へ。

 

既に傷んでしまった染まりやすい髪におすすめのトリートメント

既に髪が傷んだ状態の人はどんな白髪染めトリートメントでも染まりやすい傾向にあります。このタイプの人はどれだけしっかり染まるかよりも髪や頭皮のケアがしっかりできるかどうかに重点をおいて選んだ方が良いです。白髪を染めながら髪質も改善させることでツヤツヤの素敵な髪を手に入れることもできるかも?ケアする能力が特に高い製品をご紹介します。

 

マイナチュレオールインワンカラートリートメント

頭皮や髪の状態が気になるという方にまずおすすめしたいのがマイナチュレオールインワンカラートリートメントです。肌が弱いという方でもヒリヒリすることなく使用が出来た!という口コミが多く、安心して使うことが出来るトリートメントです。白髪染めの常識が変わった!という声も多数。頭皮への負担が少ない上にヘアケアの効果も期待が出来るので手軽に綺麗に白髪を染めたい人にはぜひ使ってみてほしい商品です。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント(白髪用)

マイナチュレ カラートリートメント
白髪染めトリートメントの新しい形「オールインワンカラートリートメント」

 髪や頭皮ケアで有名なマイナチュレの白髪染めは、ただの白髪染めトリートメントでなく「頭皮ケア」「エイジングケア」「スカルプケア」「白髪ケア」が同時にできてしまう革新的な白髪染めトリートメントです。

カラートリートメント業界初のオールインワンケアという新発想!
8種類のエッセンシャルオイル(ベルガモット、レモン、オレンジなど)を配合で、もちろん3つのテスト(パッチ、アレルギー、スティンギング)を実施。
入浴時間にシャンプー後のトリートメントタイム、約10分で簡単に染め上げれます
髪や頭皮のダメージを与えないどころか逆にケアしながら白髪染めできます。

まず、マイナチュレオールインワンカラートリートメントは色の入り(塗布してから染まる時間)は、他のトリートメントタイプの白髪染めと比べて早いです。マイナチュレの白髪染めのように早く染まるタイプは持続がしにくいイメージのものが多いですが、持続性も高いと思います。白髪染め使い始めの髪のゴワつく感じもなく、しっとりした仕上がりになりますね。

もちろん髪質と白髪の量にもよりますが、使い始めでも連続でしっかりやれば2回で白髪が目立ちにくくなるぐらい染まります。2回やっても全然染まらないという方は通常よりも重ね塗りをしてもらうとしっかり染まります。髪の毛が硬い方で、白髪の量が全体にある場合はもう少し掛かる時がありますが、他のトリートメント系よりしっかり染まります。また頭皮にもトラブルも全くなく、キツイ匂いもないのでストレスなく染めれるのはうれしいです。唯一のデメリットは私はブラックを使いたいのでブラックがないのがおしいです。。

 

レフィーネ ヘッドスパトリートメント

使うほどに白髪が自然なツヤ髪になるという夢のようなトリートメント。柔らかめのテクスチャで扱いやすく、髪への馴染みも良いです。天然のアロマ成分が優しいフルーティーな香りを演出し、リラックスしながら白髪を染めることができます。併せてヘッドスパを行うとより効果的に。髪本来の美しさを取り戻したいあなたにおすすめです。

レフィーネ ヘッドスパトリートメント

髪や頭皮をいたわりながら染めるなら間違いなくレフィーネ

レフィーネは、「癒して染める」白髪染めトリートメントです。
白髪染めなのに気持ちいい白髪染めトリートメントのレフィーネは、ヘッドマッサージをしながら使うという今までにはなかったタイプの白髪染めで、養毛成分も多く配合され髪の毛がツヤツヤになていくのが実感できます。

スカルプケア成分も配合されており、髪だけでなく頭皮にもやさしい、まさにヘアサロンいらずの白髪染めトリートメントです。そして、初めてご購入される方限定なんですが、全額返金保証している自信もすごいですね。

白髪染めを使ったあと特有の匂いがなく、とにかく香りが良いことに驚きました。レフィーネを使う前までの白髪染めはツンとしたキツイ匂いが気になり、いつも換気をしながら我慢していましたが、これは全然違います!アロマの香りで、とても癒される気分でした。こんなに良い香りなんだと、ただただ驚きました。慣れてくると、香り自体が強い気もしますが、良い香りなので苦痛になることはありませんでした。

私の柔らかい髪質に合っているのか、自然な仕上がりでとても嬉しいです。硬い髪の方には少し色の入り方が弱いような気がします。放置時間はやや長めにされてほうがいいでしょう。
一番驚いたのが、レフィーネで何回か白髪染めした後に、行きつけの美容院に行きましたところ、美容師さんに「髪がふんわりしてきている」と言われたのには、自分でもびっくりしました。私の中では一番の白髪染めトリートメントです。

 

白髪染めトリートメントにも色々。いくつか試してみることも大切です

髪質に合わせた白髪染めトリートメントをご紹介しました。白髪染めトリートメントと一口に言っても含まれている成分や得意な髪質は全くと言って良いほど異なります。1つの製品を試して納得が行かなかったからと言って「トリートメントタイプは染まらない」と決めつけてしまってはいけません。自分の髪質を理解した上で適した成分の白髪染めトリートメントをいくつか試してみるようにしましょう。

-白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.