白髪染めのノウハウ

頭皮トラブルを避けよう!白髪染めパッチテストの重要性

投稿日:

 ある程度年をとると加齢を意識せずにはいられません。その中でも髪の悩みは多いでしょう。というのは薄毛の悩みだけではなく、女性にとって一番多い悩みが白髪に関する悩みです。白髪が気になると外出するのもおっくうになります。お年の方ならば帽子を使用して隠したりもしますが、まだ若干シニアともいえないくらいの中年のミセスには、帽子でヘアスタイルをカバーする考えはないでしょう。かといって白髪の目立つのも困ったものです。

 白髪染めを一月に一度行わなければならないとしたらそれだけで、頭皮と髪の毛にかなりのダメージがあります。毛染め剤の刺激物が髪を傷めるのは使用した人ならば誰でも経験があるに違いありません。
髪の中の水分が失われるのかパサパサした感触がまるで自分のものではないように思えることもあります。美容室で毛染めをしてもらうと、トリートメント効果のあるものを使用してくれるので、自分で染めるよりは仕上がりがつるつるしてなめらかな感じがしますが、最初にパッチテストをしてアレルギーのあるなしを確認しておくことが必要で、ひどい人ならば全身がかゆくなったり、赤い発疹が出たり、ぜんそくの症状が出ることもあるので気をつけなければなりません。
薬局で販売している白髪染めも現在色々な種類があってお手頃な値段で、お手ごろに染められるものが増えたため、自分に合った毛染め剤を選ぶことが可能です。以前の様な手間ばかりかかって、人に染めてもらうしかないような商品が、現在では改良されて一人で、お風呂の中で短時間で染められるものが多くなりました。美容室で染めるものと比較しても引けを取らないような仕上がりになっています。

 アレルギー体質の人でもそれぞれパッチテストをし、自分の体質に合うものを選択すれば安全に使用できます。コストもかからない割に仕上がりは綺麗で、生え際までしっかり染まります。しかし美容室で染めたときのように長い期間綺麗な染め上がりが持続するかというと、それよりは早めに退色してしまうのが残念ですが、その分皮膚トラブルは少ないといえます。

白髪染めのパッチテストの重要性


  パッチテストとは、白髪染め製品に使われている材料(成分)で、利用する人の身体で事前にアレルギー反応を起こすすかどうかを調べるためのテストです。アレルギー反応としては、湿しんやカブレなどが生じます。
また、アレルギー反応の中には、生命の危険性を含んだ症状として現れる可能性もあり注意が必要です。一般的に白髪染め製品では、湿疹やカブレなどのアレルギー反応が生じやすといえます。ヘアカラー染め製品では、利用上の注意として、染める前にパッチテストの必要性について製品説明されている場合が多あります。アレルギー反応が起こり、湿疹やカブレのような状態になることを予防するためにもテストは重要といえます。

 白髪染め製品に使われている材料(成分)により、アレルギーが発生する可能性が高いわけですから、利用している成分を比較してアレルギーの起こりにくい材料を利用した製品を利用することでアレルギーから回避できると思われます。
たとえば、自然素材を利用した製品では、身体にもやさしくなるのではないでしょうか?。また、製品の開発元で、ある程度の治験などを行いサンプル評価をしている製品であれば、アレルギーの発生確率は、小さくなると思われます。そのような製品を利用することで、アレルギーから身を守ることもできるのではないかと思います。

 いずれにせよ、アレルギー反応を起こす可能性のある製品には、パッチテストの重要性について説明がなされています。製品説明にある要領で事前に確認テストを行うことは、利用者の身を守る上で必要なことだと思われます。
もしも、事前確認テストをせずに、アレルギー反応が出た場合は、ご自身にとって辛い日々を過さなければなりません。そのようなことを回避するためにも、利用前には、毎回確認を行うことが必要になります。事前確認テストは、48時間程度の時間が必要になる場合もあるようです。
もしも、テスト時間中に異常に気付いたときは、白髪染剤を洗い落として使用しないことが大切です。

-白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 AllRights Reserved.