白髪染めのノウハウ

白髪染めトリートメントと白髪染めシャンプーって何が違うの?

更新日:

白髪を自分で染めたいけれど、強い白髪染めを使って髪が傷んでしまうことが心配という方は多いのではないでしょうか?
そんな時目につくのが白髪染めトリートメント白髪染めシャンプーといった製品。
髪へのダメージは少ないと評判だけれど、通常のシャンプーやトリートメントと同じ使い方で良いの?そもそもちゃんと染まるの?という疑問が出てくるのでは。
お悩みを抱えた皆さんへ白髪トリートメントおすすめラボがその違いを徹底的にお教えします!

 

白髪染めトリートメントとシャンプー。その違いは染まる強さと利用頻度

まず、白髪染めトリートメントとシャンプーの違いを言ってしまうと染まる力の強さにあります。
白髪染めシャンプーは優しい力でだんだんと染まっていくのに対し、白髪染めトリートメントは1回の利用でしっかり染まるという違いが。
シャンプーは毎日利用することで白髪を目立たなくする。トリートメントは週に1回程度の利用で白髪をしっかり染めていくというイメージを持ってもらえれば合っていると思います。

 

シャンプータイプの特徴など

では、シャンプータイプの白髪染めについて詳しく見ていきましょう。

白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーのメリットとして髪や頭皮への負担が少ないことが挙げられます。白髪染めシャンプーの見た目は真っ黒なので最初は驚いてしまうかもしれませんが、素手でシャンプーをしても問題ありません。使い方を守れば「手が真っ黒になってしまった!」ということは無いです。また、素手でシャンプーすることできるように白髪染めシャンプーは自然の成分で作られています。中にはトリートメントが配合されているものも。

そのため敏感肌やアレルギーのある人でも使える商品がある上、ツヤのある健康的な髪になれます。髪が染まるだけでなく、他にも嬉しい効果が期待できる白髪染めシャンプー。白髪が気になりだしたが染めるのは・・と躊躇している人にも向いています。

白髪染めシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーはつけて洗い流すタイプの商品ですので、なかなかすぐには染まりません。何日か継続して使用する必要があります。通常の白髪染めと同等の効果を期待して使用した人にとって始めのうちは満足度が低くなる傾向があります。
また商品によっては染料が手についたり、爪の間に入って落ちにくくなることがあるようです。

その他のデメリットとしては薬剤タイプの白髪染めに比べて色の選択肢が低い傾向がある点です。大体の商品が真っ黒か茶色が数種類程度。髪色にとことんこだわりたい人には難しいかもしれません。
シャンプー後も染料独特の臭いが気になる、価格が高くて毎日使うものとして継続が難しい。という意見も見かけます。

シャンプーの方がおすすめなのはこんな方

白髪染めシャンプーがおすすめなのは毎日の習慣で白髪を気にならないようにしたい!という方です。毎日使っているシャンプーを白髪染めの効果がある製品に替えるだけで良いので手軽さはピカイチ。
ただし、1回の洗髪で染まる力は弱いので今すぐ白髪を完璧に無くしたい!という人には向いていません。
毎日使い続けることで段々と色が変わっていくので「あれ?白髪染めた?」と周囲に気づかれる確率が低くなることもメリットと言えますね。
白髪染めは美容室でやってもらうけれど、普段は白髪染めシャンプーを使うことでカバーしています。という使い方をしている人も多いようです。

髪や頭皮に負担をかけないことを最優先にしたい人、頭皮や肌が弱く通常の染料では染めることができない人などに向いている商品といえます。

 

トリートメントタイプの特徴など

次にトリートメントタイプのメリット・デメリット等を確認しましょう。

白髪染めトリートメントのメリット

白髪染めトリートメントのメリットとして挙げられるのは簡単に白髪を染めることができる点。そして頭皮への刺激が最低限に抑えられているので髪や頭皮に優しい点と言えます。
ヘアカラーやヘアマニキュアタイプとは違い、素手で染めることができるのでシャンプーのついでに手軽に染めることができます。
また天然色素をベースとしていて、白髪染め特有の化学薬品のつんとして刺激臭がほとんどありません。さらに、さらさらの髪にしてくれるメリットも。
保湿成分やダメージケアの成分も大量に含まれているため、髪の毛の健康を保ちながら白髪を染めることができます。ダメージが気になっている人にはとてもおすすめです。

白髪染めトリートメントのデメリット

デメリットとしては、髪に優しい成分が大量に含まれているため白髪を染める力が若干弱いという点が挙げられます。完全に染めるためには多少時間がかかります。
また1ヶ月程度で色落ちをしてしまうので、その度に染めなおさなければいけません。手軽に染められるとは言えヘアマニュキュア等と比較すると面倒。。
多少髪が傷んだとしても、染め直しの頻度は低くしたい。という方にはヘアカラータイプなどの染める力がより強いタイプのものがおすすめです。

トリートメントがおすすめなのはこんな方

シャンプーが優しい力でだんだんと染まっていくのに対して、トリートメントは1回の使用で割としっかり白髪が染まる特徴があります。
トリートメント剤を髪へ付けてから10分程度時間を置く必要がありますが、薬剤で染めるよりも手軽で人気があります。
しっかり染まるということは一般的な白髪染めの薬剤と同じように髪へのダメージが大きくなってしまうのでは?と不安になりましたか?
実は白髪染めトリートメントは髪へのダメージが少なく、かつ髪のケアまでしてくれるというメリットがあります。これは白髪染めの薬剤には含まれない保湿成分ダメージのケア成分が多く含まれているため。スグに白髪を無くしたい!という要望を叶えながらも髪のダメージをケアしてくれるトリートメントは万能とも言えますね。
利用頻度は週に1回程度~。白髪染めの薬剤は月に1回程度なので、それと比べると多少利用頻度は増えますが髪へのダメージを考慮するのなら決して悪い選択では無いはずです。

 

シャンプーとトリートメントの併用もオススメ

白髪染めトリートメントで染めても、普通のシャンプーを使用していたのでは徐々に色が落ちてきます。そこで提案したいのが白髪染めシャンプーとトリートメントの併用。トリートメントでしっかり染めた髪を、白髪染めシャンプーで日常的にケアし続ける。この組み合わせで髪色の持ちはずいぶんと良くなるはずです。シャンプーで毎回リタッチをしているようなものなので、色落ちを気にする必要が無くなります。
シャンプーとトリートメントそれぞれで違う色を使うのは色が混ざってしまうのでオススメしませんが、同じメーカーから出ている同じカラーのものを使えば問題はありません。
もう白髪に悩まされたくない。ずっと自然な黒髪でいたい。という方はこの方法をオススメします。

シャンプーとトリートメントを同じメーカーで揃えることは、お互いの欠点をカバーしあう効果も期待できるので単体で使うよりも効果が倍増することは間違いなし。ぜひ試してみてください。

 

どちらにも共通しているのは髪に優しいということ

白髪染めトリートメントとシャンプーのどちらにも共通して言えるのは髪や頭皮への負担が少ないということ。
白髪とのお付き合いは長いものとなりますので、毎回強い力で染めるのはいかがなものかと思います。いつの間にか髪も頭皮もボロボロに・・。なんて状態にならないように
髪にも頭皮にも優しい商品を妥協せずに探していきたいですね。

 

-白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.