白髪染めのノウハウ 白髪染めトリートメントを使ってみよう

白髪染めトリートメントとヘアマニキュア・ヘアカラーの違いは?

投稿日:

まず、白髪染めのタイプにはトリートメントタイプヘアカラータイプヘアマニキュアタイプの3種類があります。それぞれの違いについてはきちんと理解出来ているでしょうか?特徴やメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

ヘアカラータイプについて

白髪染めとして最も多く販売されているのがこのヘアカラータイプです。他のタイプと比較すると染める力が1番強いことが特徴。しっかり染まるのがメリットですが、その反面で髪や頭皮が痛みやすいというデメリットがあります。

どんな風にして染めるのか

ヘアカラーは髪の内側に色を浸透させます。一旦キューティクルを開いて髪に色を入れます。この時、髪の色を綺麗に出すため元々の髪の色素を破壊(ブリーチ)することがヘアカラーの特徴でもあります。

メリット・デメリット

ヘアカラータイプは1度でしっかり色が入ることがメリットです。色持ちも2~3ヶ月と長く、豊富なカラーバリエーションを楽しむことが出来ます。しかし、髪や頭皮への負担は避けられず、敏感な人だとかぶれやしっしんといった症状が出ることもあります。

 

ヘアマニキュアタイプについて

髪の内側に色を入れるヘアカラータイプに対してヘアマニキュアタイプは髪の表面に色を付けることが特徴です。

どんな風にして染めるのか

ヘアマニキュアタイプは髪の内側の色素は破壊せず、イオン結合によって色を付けます。表面にカラーコーティングをするので髪は傷みにくいと言えます。脱色するわけではないので、より明るい色に染めることは出来ないのは注意です。

メリット・デメリット

ヘアカラーと比べて髪や頭皮に優しく、かぶれなどの症状が起こることは少ないのがメリットです。
髪の表面に色を付けるだけなので、色持ちが短くて2~4週間で抜けてしまうことがデメリットです。シャンプーをする度に少しずつ落ちてきてしまいます。、また、皮膚に付いてしまうと取れにくいので自分で髪の根元まで染めるのは難易度が高いでです。

 

ヘアトリートメントタイプについて

ヘアマニキュアタイプと同様に髪の表面にコーティングをするイメージです。違いはトリートメントタイプの方が髪がゆるやかに染まっていくということ。ケア成分の含まれている製品も多く、髪のダメージがより回復させる効果もあります。

メリット・デメリット

ヘアカラートリートメントタイプのデメリットは1度ではしっかり染まらないということ。繰り返し使うことで色の染まりを実感できますが、今すぐに色を付けたいという時には向いていません。
メリットは髪へのダメージが無いこと。使う度に髪が綺麗になっていくようなケア成分も含まれていることがあります。

 

日常的に使いやすいのはトリートメントタイプ

どのタイプも良い点と悪い点がありますが、長く使い続けることを考えるとトリートメントタイプが1番適していると言えるでしょう。「白髪が隠せれば良い!」と短絡的に考えてしまうのではなく髪の健康を考慮した製品選びを心がけてください。

 

-白髪染めのノウハウ, 白髪染めトリートメントを使ってみよう

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.