白髪染めSOS! 白髪染めのノウハウ

白髪染めトリートメントとパーマは併用しても大丈夫?

投稿日:

普段からよくパーマをかけて日々のスタイリングを楽にしている方も多いことでしょう。お洒落な人ほど普段から定期的にパーマをかけていたりするのではないでしょうか?
せっかく髪のお洒落にも気を使っているのに白髪が見えてしまうのは気がかりです。
では、白髪染めトリートメントを普段使いしながらパーマをかけることは出来るのでしょうか?確認していきましょう。

 

併用するのはあまり良くない

白髪染めトリートメントとパーマの併用は出来ないことはありません
しかし白髪染めトリートメントの中には髪を保護するためのコーティング成分が含まれていることが多いです。髪をコーティングすることは髪を美しく保つ上では悪いことではありません。しかしパーマをする上ではそのコーディングされた効果により、パーマ液の働きが低下させられてしまうことがあります。
せっかくお金をかけてパーマをしたのに長持ちしないのでは悲しいですね。

変色する可能性も

白髪染めトリートメントとパーマ液の成分は相性が悪い場合があります。それぞれに含まれる成分が化学反応を起こして髪の毛が緑色に変色してしまうケースも報告されています。
科学反応を起こさないためには白髪染めトリートメントの利用とパーマをする期間をあけることが大切です。

 

併用したい場合は2週間以上の期間を開けて行う

白髪染めトリートメントを使った翌日に美容室でパーマをかける。ということをしてしまうと先程述べたように髪が変色する可能性があります。
白髪染めトリートメントやシャンプーを毎日使っている人でも、パーマをかける2週間程前からは使用を控えるのが理想でしょう。
そうすることで髪の変色やパーマがかかりにくくなるといったリスクを避けることが出来ます。

どちらから先に?

まだ白髪染めもパーマもかけていない場合、どちらから先に行うのが理想なのでしょうか?答えはパーマを先にかけて白髪染めは後に行うこと。
パーマをかけると髪はダメージを受けます。パーマで開いてしまったキューティクルが元に戻り、パーマ液の成分が落ちた頃。つまり2週間期間をあけてトリートメントを行うことで、変色のリスクを避けたり髪へのダメージを最小限に留めることが出来ます。

 

事前に美容師へ相談を!

気軽に使える白髪染めトリートメントですが、パーマや美容室で髪染めをしたい場合には悪い影響が出てしまうこともあります。美容室で使っている薬剤の成分、どんなトリートメントを使っているのかによってそれは異なってきます。
心配な場合は直接美容師に相談することが1番です!中には「カラートリートメントをしているのならパーマはお断り」という美容師もいるくらいなので・・。
しかし、大半の方は親切に相談に乗ってくれるはずです。専門家の意見を聞きながら上手に白髪染めトリートメントを使えるのが理想ですね。

-白髪染めSOS!, 白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.