染まりにくい髪質

白髪染めのノウハウ

白髪染めの仕組みから見る白髪が染まりにくい髪質

更新日:

まず、白髪染めの簡単な仕組みをみて見ましょう。

白髪染めは、通常のカラーリングとは似て非なるもので、白髪を染めることに特化した商品です。
大きく分けて二通りの染め方があり、一つは髪の色を抜いてキューティクルを開き、染まりやすくした上で染料を髪に染み込ませるヘアカラータイプ、もう一つは髪の上から色をつけるヘアマニキュアタイプです。

 ヘアカラータイプの方が一般的に良く販売されており、1剤と2剤に分かれているものが多く、髪に塗る直前に混ぜ合わせて使います。
この二つを混ぜ合わせることで化学反応が起こり、髪の毛の色の元であるメラニンを脱色させるのと共に、キューティクルを開かせます。ヘアマニキュアと比較すると、色持ちが良く、染まりやすいですが、髪を刺激から守っているキューティクルを強引に開かせるため、髪へのダメージはかなり大きくなります。
そのため、現在では仕組みは似たような物ながらも天然由来成分のものを配合したものや、トリートメント成分を加えたものなど、なるべく髪や地肌に刺激を与えないような商品も多数開発されています。素手で触れるものもありますし、薬くささがなく、自宅で簡単に利用できるものもあります。使用方法や待機時間は、きちんと説明書のとおりに守って使うようにしましょう。また、前の薬剤が残っていると変色することもありますので注意しましょう。

 ヘアマニキュアは髪の毛の周辺に染料を付着させるタイプの白髪染めです。ヘアマニキュアタイプを使ってもキューティクルは開いておらず、髪の深部にまで染料が入り込んでくることはありませんので、髪の毛のダメージも少なく、コーティング剤の効果でツヤも出てきます。
髪が傷みやすい人や、パサつきが気になっている人にはこちらの方がお勧めです。生え際などが気になりだしたとき、こまめに使えるように塗るタイプの白髪染めもありますので、常にきれいな髪でいることができます。ただし、シャンプーやパーマなどで色落ちがしやすく、ヘアカラーに比べるとこまめな手入れが必要になります。

CHECK!もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね
白髪染めトリートメントとヘアマニキュア・ヘアカラーの違いは?

 

白髪が染めやすい髪質・染めにくい髪質

白髪染めを利用する人は少なくありませんが、人によって染まりやすい髪と染まりにくい髪があります。白髪が染まりやすい髪質は、細い髪や柔らかい髪、傷んでいてキューティクルが開いてしまっている髪、元々パーマがかかりやすかったり明るい色をしている髪などです。
こういった髪質の人は白髪になる前からカラーリングに染まりやすく、白髪染めを使っても大体満足行く染め上がりになるはずです。一方、太い髪や硬い髪、ダメージを受けていない髪、元の色が黒々としていた髪などはパーマもかかりにくく、白髪になっても染まりにくい髪です。白髪染めはシャンプーやトリートメント、スプレー、クリームなど様々なタイプがありますが、自分の髪が染まりやすいかそうでないかによって、どのような商品を選ぶかが決まってきます。まずは自分の髪について確認してみましょう。

CHECK!自分の髪質確認方法などはこちら
まずは自分の髪質を確認!

 

白髪が染まりやすい人は髪が傷つきやすいことが多いので、低刺激性のトリートメントタイプなどを使用することを進めします。毛染めの即効性はあまり期待できませんが、染料にも天然成分を使用しているものが多く、使い続けるうちに髪の毛の傷みが補修されていきます。
普段のヘアケアと使い方があまり変わりませんので続けるのも苦痛ではありませんし、地肌に優しく根元まで塗布できるものが多く、白髪を染めた人にありがちな生え際の白髪におびえる必要もありません。
一方、白髪が染まりにくい人は毛染め効果の高いスプレーやクリームタイプがおすすめです。特にクリームはテクスチャーが硬いものを使うと液だれもしづらく、規定の時間の間しっかり染めることができます。

 また、薬を塗布した後で頭をラップで覆い、暖かい部屋で待ち時間を過ごすなどの工夫をし、温度を高めに保っておくと、通常と比較して染まりやすくなります。それでも効果が感じられない場合は、本来の仕上がりの色よりも1~3トーン程度明るい色を使うと、染まるまでに時間はかかりますがきれいに染まります。

 

-白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.