白髪染めのノウハウ

白髪染めとお洒落染め。その違いは?

更新日:

若い時には髪を明るく染めたり、気分によって髪色を変えてみたりとヘアカラーを楽しむ方も多いと思います。しかし、白髪が出てくる年齢になってくると白髪染めで染めないといけないのかな?と疑問に思ってしまうのでは?そもそも、お洒落染めと白髪染めに違いは何なのでしょうか。お答えしていきます!

 

お洒落染めも白髪染めも「染める」仕組みは同じ

実は、白髪染めとお洒落染めに使用している薬剤は基本的には同じなんです。
しかし、白髪染めの場合は白髪をより黒く、おしゃれ染めの場合は黒髪を明るめの色にと、目指す仕上がりが真反対。薬剤の割合を変えることでそれぞれの仕上がりに対応させています。詳しいことは後述します。

どちらもキューティクルを開いてメラニン色素をブリーチ、染料を入れて髪を染めるという効果は同じになります。

染毛料の配合が違う

おしゃれ染め、白髪染めには髪の色素を抜くためにブリーチ薬剤が含まれています。このブリーチ力は白髪染めよりもおしゃれ染めの方が強いです。おしゃれ染めは染めた髪の色を綺麗出すために、元々の髪の色素を壊す必要があります。

これに対して白髪染めは白髪の箇所はブリーチをする必要がない上、暗めの色になればなる程ブリーチの配合は少なくなります。
元の黒髪の色素を壊す必要がないためです。

 

染める力は白髪染めの方が大きい

髪の色を染める力。染毛力はおしゃれ染めよりも白髪染めの方が強いです。白髪を目立たなくさせるために濃い色素が多く含まれており、しっかり染まるようになっています。
しかし、濃い色素が多く含まれているということは明るい透明感のある色に染めることは出来ません。おしゃれ染めに対して白髪染めの色味が少ないのは、濃い色の染料から作れる色が少ないということから来ています。

 

ダメージが大きいのはおしゃれ染め

若い時からブリーチ剤を含むおしゃれ染めを繰り返していると髪へのダメージがどんどん蓄積されていきます。髪の色を維持するために頻繁に染め直す・・ということは、髪がダメージを受けやすいデリケートな状態になりやすいということを覚えておいてください。

白髪染めの場合はトリートメントと併用することでダメージを軽減

このことから、ブリーチ剤の含まれている白髪染も繰り返し使うことはあまり良くないことが分かります。1度薬剤で染めたら白髪染めトリートメントでケアをしながら染める。という工夫をすることで髪へのダメージはグンと減りますので、ぜひ検討してみてください。

 

白髪を染めたいのであれば白髪染めを!

中には白髪が目立ってきたけれど、おしゃれ染めの黒いカラーを使えば良いのでは?と思う方もいるかも知れませんね。しかし、おしゃれ染めの染毛力は白髪染め程強くないので「なんとなく染まりが悪い」仕上がりになってしまう可能性が高いです。その上、髪がブリーチされ大切な黒髪の色素が抜けてしまう危険も。
初めて白髪染めを購入する時は少し抵抗があるかもしれませんが、メリットは充分にあるので、白髪を染める際にはきちんと白髪染めを購入しましょう。

 

-白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.