白髪対策、白髪予防

白髪を予防することも大切です。食事で気軽に白髪予防

投稿日:

白髪が生えてくる原因はメラノサイトの働きが弱まり髪の毛の色素が作られなくなってしまうことにあります。美しい黒髪をキープしたい、これ以上白髪を増やしたくない!という場合に対処したいのは食生活の改善です。メラノサイトへしっかり栄養を行き渡らせることは白髪を予防する上でとても大切なこと。白髪と食生活の関係性について詳しく見ていきましょう。

 

白髪と食生活は関係あるの?

先程述べたように髪の毛の色素はメラノサイトで作られます。メラノサイトへ届けられる栄養が足りなくなった場合、当然色素が作られなくなってしまい白髪が生えてくる原因に。食事で摂る栄養が髪まで行き渡るようにしっかり食べることが大事です。

 

偏食を止める

いくら栄養をしっかり摂っていても偏りがあってはいけません。五大栄養素と呼ばれるタンパク質脂質炭水化物無機質ビタミンそれぞれをバランス良く摂取するのが理想的。栄養のバランスが崩れてしまうと血液がドロドロになったり細胞分裂の動きが弱まるといった弊害が出てきます。

過剰なダイエットも白髪の原因に

体に栄養が足りなくなると体は生きるのに必要不可欠な部分へと優先的に栄養を運ぶようになります。つまり末端部分である爪や髪の毛へ栄養を送るのは後回しになってしまうということ。
太るのが嫌だと言って摂取する栄養を極端に減らしてしまうと、髪へ栄養が行かなくなり白髪が増える原因になります。

 

髪の毛に良いとされる成分とは

髪にとってどの栄養素も必要不可欠ですが、中でも髪によく効くとされている栄養素があります。

たんぱく質

たんぱく質は筋肉を始め体を構成する成分になります。たんぱく質が不足すると毛が細くなるだけでなく、抜け毛や切れ毛の原因にもなります。

要素

細胞分裂、新陳代謝を促進するヨウ素。不足してしまうと白髪や抜け毛の原因になります。これは昆布などの海藻類や魚介類に多く含まれており、日本の食卓には良く上る食べ物です。しかし、近年では食生活の欧米化によって不足している人も少なくありません。
海藻や魚介類を食べる機会が少ないと感じる人はサプリメントなどで補うようにしましょう。

チロシン

チロシンは髪に色を付ける色素、メラニンの原料になる栄養素です。体内で合成される栄養素なので不足しにくいとも言えますが、非常に消費されやすい栄養素でもあります。可能であれば食べ物からも摂取するのがベター。乳製品などのたんぱく質やアーモンド、ごまなどに多く含まれます。

鉄分

鉄分は血液中の酸素を全身へ運ぶ役割のある栄養素です。不足してしまうと貧血だけでなく冷え性や白髪を引き起こします。特に女性は鉄分が不足しがちです。レバーや大豆製品に含まれていますが、吸収率が低いのでサプリメントを上手く使って摂取するのが効果的でしょう。

カルシウム

白髪が生えてきた時というのはメラノサイトの働きが低下しています。メラノサイトの働きを活性化させるのにはカルシウムが効果的。実はカルシウムは日本人が最も不足しているミネラルとも言われています。必要摂取量をきちんと摂れている人は非常に少ないとか。乳製品や大豆製品、ひじきなどから積極的に摂りましょう。

その他、白髪対策のために出来ること

食生活の他にも白髪予防のために日頃の生活で出来ることがあります。以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ一緒に読んでみてください。

生活習慣を変えて白髪を減らそう

-白髪対策、白髪予防

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.