白髪染めSOS! 白髪染めのノウハウ

白髪が染まらない?綺麗に染めるコツを教えます。

投稿日:

白髪染めトリートメントを購入してみたけれど、なかなか上手に染まらない。やっぱり白髪染めの薬剤に戻した方がいいかな?と考える人も多いようです。
しかしちょっと待ってください!なぜ上手に染まらなかったのか原因を考えてみたことはありますか?コツを掴めばトリートメントで髪のケアをしつつ綺麗に染めることが可能になるかもしれません。上手に染めるためのポイントをお教えします。

 

髪が染まりにくいのはどんな時?

髪の染まり方は髪質髪の状態によって左右されます。キューティクルが開いた状態(ダメージを受けている状態)の時には染料が髪に入りやすくなるため染まりやすくなります。では、髪が傷んでいる方がいいの?!と言うとそうでも無くて、髪が傷んでいると色が入りやすい反面、色落ちも早くなる場合が多いです。

 

綺麗に染めるためには

綺麗に染まった状態をキープするには髪のダメージケアをしつつ、染めていくことが大切です。それには白髪染めトリートメントは最適な選択と言えるでしょう。上手に使うためには以下のポイントを抑えましょう。

髪が綺麗な状態で使用する

髪にスタイリング剤が残っている状態だと髪がコーティングされた状態になってしまい、染料の入りが悪くなります。シャンプーでしっかり落としてからトリートメントを使用しましょう。この時、シャンプーはシリコンの入っていないものを選ぶとより効果的。シャンプーに含まれているシリコン成分も髪をコーティングしてしまう効果があるためです。

トリートメントはたっぷり使う

説明書き通りの量を使ったのに足りない気がする・・と感じる時には遠慮なくたっぷりとトリートメントを使うようにしましょう。説明書きに書いてあるのは一般的な髪の量から出した平均値でしかありません。自分の髪の量に適した量を使いましょう。
白髪が目立つ部分にはとくに多く付けるのも効果がありますよ。

放置時間に温める

トリートメントを髪に付けた後はできるだけ温めると良いでしょう。ラップで包んだ上で蒸しタオルや保温用のキャップを被ると効果的。温めることでキューティクルに染料がしっかり定着することが期待できます。

放置する時間を長くしてみる

髪が染まらない理由として放置する時間が短いということも考えられます。染まりにくいと感じた経験のある人は1時間を目安にじっくり置いてみることがおすすめです。ただし、放置時間は何分がベストなのか。説明書きの表示は確認しておくようにしましょう。大抵の製品は長く置いても問題ありませんが、中には頭皮に影響を及ぼす可能性もあるからです。

 

白髪染めトリートメントで髪のケアも!

白髪染めトリートメントで綺麗に染めるために重要なのは継続的に使い続けること。思ったように染まらなかったからといって1回だけで止めてしまうのではなく、諦めずに試してみてください。白髪染めの薬剤で傷んだ髪に戻らないために。白髪染めトリートメントで美しい髪を取り戻しましょう。

 

-白髪染めSOS!, 白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.