白髪染めのノウハウ 白髪染めトリートメントを使ってみよう

男性用白髪染めと女性用白髪染めの違いは何?

更新日:

白髪染め薬剤、白髪染めトリートメントには男性用女性用に分けられているものがあります。その違いは一体何なのでしょうか?
可能であれば夫婦で同じ白髪染めを使いたい・・というご家庭もあるかもしれませんね。男性が女性用白髪染め、女性が男性用白髪染めを使っても問題の無いものなのでしょうか?違いについてご紹介していきます。

 

髪を染める成分は同じ

まず、この二つを比較したとき、どちらの商品も配合されている成分はほとんど同じです。そのため、男性が女性向けに作られたものを使っても特に問題はありませんし、女性が男性用のものを使っても問題はありません。実は美容室で使われているヘアカラー用の染料にも男女の違いは特に無いのです。
ではなぜメーカーはわざわざ男女に分けて製品を出しているのでしょうか?

 

違いは何?

髪の長さ

まず、男性と女性では髪の長さが違います。男性は髪が短い人が多いのに対して女性はショートへアからロングヘアまで様々。なので女性用に比べて男性用の商品は量が少なくなっている場合が多いです。男性は1度に使う薬剤の量が少ないのであまり大容量のものを購入しても仕方ないということですね。

香りが違う

シャンプーや香水などでも同じように、男性用の製品はすっきりとするようなクールな香りや無香料のものが多いです。対して女性用はハーブや花といったアロマ的要素の強い香りの商品が好まれます。もちろん、これは染める時の香りです。ずっと残るわけではありませんので、男女関係なく好みの香りの製品を使えば良いということになります。

色味が異なる

男性は白髪を見つけると茶色っぽくするよりも、黒色にしたいという人が多いです。そのため男性用の商品はブラックやダークブラウンといった暗い色を中心に作られています。
逆に女性は、黒色になるよりも茶色やお洒落な色合いにしたいという人が多いので商品のカラーバリエーションも様々

 

女性用白髪染めの方が種類は多い

先程述べた通り、男性用の製品よりも女性用の方がカラーバリエーションが多い傾向にあります。加えて髪のケア成分に重点を置いている商品も多いです。

 

どちらを使っても問題ありません!

男性用と女性用に細かな違いはありますが、基本的にはどの商品を誰が使っても問題はありません。髪の長い男性や髪の傷みを気にしている男性は女性向けの白髪染めを使うのももちろんOK!男性用か、女性用かという違いを気にするよりは刺激が少ないかどうか自分の理想の色が出せるかどうかという点に注目して選んだ方が満足度の高い仕上がりになるでしょう。

 

-白髪染めのノウハウ, 白髪染めトリートメントを使ってみよう

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.