白髪染めのノウハウ

使い分けていますか?部分染めと全体染め

更新日:

 白髪染めは、通常のカラーリングとは似て非なるもので、白髪を染めることに特化した商品です。
大きく分けて二通りの染め方があり、ヘアカラータイプとヘアマニキュアタイプに分けられます。

ヘアカラータイプの方が一般的に良く販売されており、1剤と2剤に分かれているものが多く、髪に塗る直前に混ぜ合わせて使います。
この二つを混ぜ合わせることで化学反応が起こり、髪の毛の色の元であるメラニンを脱色させるのと共に、キューティクルを開かせます。ヘアマニキュアと比較すると、色持ちが良く、染まりやすいですが、髪を刺激から守っているキューティクルを強引に開かせるため、髪へのダメージはかなり大きくなります。
そのため、現在では仕組みは似たような物ながらも天然由来成分のものを配合したものや、トリートメント成分を加えたものなど、なるべく髪や地肌に刺激を与えないような商品も多数開発されています。素手で触れるものもありますし、薬くささがなく、自宅で簡単に利用できるものもあります。使用方法や待機時間は、きちんと説明書のとおりに守って使うようにしましょう。また、前の薬剤が残っていると変色することもありますので注意しましょう。

 ヘアマニキュアは髪の毛の周辺に染料を付着させるタイプの白髪染めです。ヘアマニキュアタイプを使ってもキューティクルは開いておらず、髪の深部にまで染料が入り込んでくることはありませんので、髪の毛のダメージも少なく、コーティング剤の効果でツヤも出てきます。
髪が傷みやすい人や、パサつきが気になっている人にはこちらの方がお勧めです。生え際などが気になりだしたとき、こまめに使えるように塗るタイプの白髪染めもありますので、常にきれいな髪でいることができます。ただし、シャンプーやパーマなどで色落ちがしやすく、ヘアカラーに比べるとこまめな手入れが必要になります。

 

白髪染めは使い分けも大事です

 皆さんは白髪染めには大きく分けて2種類あるのをご存知ですか?そして上手く使い分けることは出来ているでしょうか。
初めて白髪染める方やしばらく染めておらず、髪の毛のほとんどが白髪になってしまった時にはまず「全体染め」をします。
ところが数週間経つと髪が伸びてきてしまい根元だけまた白髪が。せっかく染めたばかりなのにこれでは気になってしまいますよね。
こんな時には、白くなった所だけを再度染める「部分染め」をお勧めします。一部分だけ染めるくらいなら、また髪の毛全体を染め直しても良いのでは?と思ってしまうかもしれません。
しかしそれは要注意。
 白髪染めというのは短いスパンで染め続けてしまうと、髪の毛はもちろん頭皮にもかなりの負担になりダメージを与えてしまうのです。頭皮の健康状態は髪を美しく保つためには避けたいところ。
ダメージが蓄積されてしまうと白髪だけではなく抜け毛まで増えてしまう可能性もあり、大変危険です。一度ポイントを掴んでしまえば、意外に簡単に出来ることなので、2つの染め方を使い分けて髪の健康を守ってあげてください。

部分染めと全体染めのタイミング

 染毛のスパンとタイミングとしては、根元に白髪が伸びてくる2~3月後まで「部分染め」を2~3回繰り返し。その後、色味を整えたり、なかなか塗りにくい後頭部の白髪をしっかり染めるために、次の「全体染め」を・・という位が髪のためにはいいかもしれません。

次にそれぞれの染め方に適したタイプの白髪染めを紹介していきます。

部分染めと全体染め。適した白髪染めのタイプ

 「全体染め」は髪の毛にまんべんなく薬液を伸ばさなければいけないので、髪に馴染みやすい液状ジェルタイプや乳液タイプが使いやすいでしょう。ムラなく、また素早く塗ることができます。染め方のコツとしては、根元は体温の影響で染まりやすいので、毛先の方から根元に向かって染めていくようにすると、綺麗に染めることが出来ます。また最近では、泡状のものがたくさん出ていますが、これは手軽で簡単に染めることが出来るので初心者にもお勧めできます。
 「部分染め」には狙ったところを比較的ピンポイントに染めることのできるクリームタイプが向いています。液ダレや飛び散りが少ないので、新しく伸びてきた根元の白髪をしっかり染めることができます。

 

-白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.