白髪染めSOS! 白髪染めのノウハウ

アレルギー持ちでも白髪染めトリートメントは使えるの?

更新日:

ヘアカラーによる皮膚炎の症状は毎年数多く報告されています。今まで皮膚のトラブルが起こったことは無いから大丈夫!と思っていても油断は禁物です。アレルギーの症状はある日突然発症するものなので「この前は大丈夫だったのに今回はなんだか痒い・・」と思ったらすぐにヘアカラーの使用をやめましょう。

ではアレルギー持ちの人はどうしたら良いの?という疑問にお答えしていきます。

 

アレルギーを引き起こすのはジアミンという成分

白髪染めでアレルギーを引き起こす理由の多くはジアミンという成分によるものです。ジアミンは髪に色を入りやすくして発色を良くする効果があるため、市販のヘアカラーにも含まれていることが多いです。
ジアミンが原因でかぶれ、しっしん、ただれといった症状が出たことがある人は、それ以降ジアミン入りの染料を使うとまたアレルギーの症状が出てしまいます。
アレルギーの症状は人それぞれですが、重い症状ですと全身にじんましんが出来たり、呼吸困難、血圧低下を引き起こす事もあります。
命に関わる症状もありますので、たかが白髪染めと侮ってしまうととても危険です。

もしアレルギーの症状が出たら?

白髪染めをした後に頭皮がかゆい、ブツブツと湿疹が出た。というようなアレルギーの症状が出た場合は症状が軽くてもすぐに病院へ行きましょう。時間が経ってから重症化することもありますし、ひどい場合にはアナフィラキシーショックを引き起こすことも。早い段階で適切な処置をすることが何よりも重要です。

 

アレルギーの人はノンジアミンの白髪染めを

では、アレルギーの症状が出てしまった人はもう白髪染めをすることが出来ないのでしょうか?残念ながらアレルギーに対して必ず有効な治療というものは存在していません。なので、一度でもアレルギーの症状が出た場合はジアミンの含まれる白髪染めは使用してはいけません。
繰り返し使うことで症状がどんどん重篤なものになっていく危険性もありますので絶対に止めましょう。
アレルギーの方はジアミンが含まれていないノンジアミンの毛染めを探して使うことをオススメします。

ノンジアミン系の白髪染めの種類

ノンジアミン系の白髪染めにはカラートリートメントヘアマニキュアヘナおはぐろ式の4種類があります。それぞれ使い方や刺激の大きさ、特徴が異なります。ドラッグストアやスーパーなどでも購入が可能です。

カラートリートメントがおすすめ

中でも1番おすすめなのは簡単に使えて刺激が少ないカラートリートメントです。実際にかゆみやかぶれといった頭皮への負担が減った!という声も多く寄せられており、アレルギー持ちの人には欠かせない存在とも言えます。

 

アレルギー持ちでも大丈夫!

白髪染めでアレルギーの症状が出たことのある人でも、成分をしっかりと確認した上で選んだ白髪染めであれば利用が可能です。それでも不安な場合は医師にしてから利用を開始することも確実で良いでしょう。

 

こちらの記事も

アレルギーが心配な方は事前にパッチテストをすることが有効です。パッチテストについて詳しくは以下の記事を読んでみてください

頭皮トラブルを避けよう!白髪染めパッチテストの重要性

-白髪染めSOS!, 白髪染めのノウハウ

Copyright© 失敗しない白髪染め選び! | 白髪染めトリートメントおすすめラボ , 2018 All Rights Reserved.